折角、オーナーチェンジで購入した物件が早々に退去してしまい空室になってしまった。
または、購入時から空室物件を購入した。等、投資物件を所有していると必ずといっていいぐらい空室には直面するものです。

古い設備ではなかなか入居者が決まらない。
設備も古くなって表層のリフォームでは、なかなか入居者が着かない。賃料を相場よりも安くしなければ入居者が見つからない。等お悩みではないでしょうか?
その際、思い切ってリノベーションを行ってはいかがでしょう? リノベーションといってもワンルームですので間取り変更ではなく、設備の更新等が主となります。

リノベーション工事内容、コストは?
例えば、1口電気コンロを2口システムキッチンへ新規交換、3点ユニットバスを新規交換、給湯器新規交換、モニター付インターホン新規交換、エアコン新規設置、照明機器新規設置、床カーペットを木目調ウッドタイルへ新規貼替、壁・天井クロス(一部アクセントクロス)新規張替等々です。
ここまで行うと費用も嵩むのではないかと思われますが、100万円(税別)で行ってもらえる内装業者もおりますのでご紹介も可能です。

リノベーション工事で賃料は上がるの?
では、リノベーション後、賃料は上がるのでしょうか? 立地等にもよりますが月額賃料5,000円アップは見込めると思います。
上記の工事内容ですと、少なくとも10年は大きな工事は必要ないかと思われます。リノベーションも投資と考え、入居者にも気持ちよく、長く住んで貰えるような準備も投資家として必要かもしれません。